青木外科整形外科青木外科整形外科

診療案内Medical

青木外科整形外科は尼崎市の二次救急の輪番制にも参加しており、救急医療にも携わりながら急性期の外傷の方も診ているほか、地域の高齢者の方やスポーツ障害の若者、子どものケガなど急性・慢性を問わず幅広く整形外科の領域を診ています。
最近は膝の変形から人工関節になってしまう高齢者の方も多いのですが、変形の原因となるO脚を矯正する目的の骨切り術の症例も増えています。
2018年7月には別館を増設して1.5テスラのMRIを導入し、主に運動器リハビリテーションを行う第2リハビリルームも設置しました。
当院は手術も行うため、術直後から個別疾患、NEEDsに応じた理学療法を展開・介入することでADLの向上、早期社会・スポーツ復帰を目指すことができます。
また、術後の患者様にはスタッフ一人一人が、個別に担当致しますが、時にはチームプレーにて、よりよいリハビリテーションを提供できるよう心がけております。

診療時間

診療時間 日・祝
9:00~12:00
14:00~17:00
18:00~20:00

※診療受付時間は以下の通りです。

受付開始時間 受付終了時間
午前診 8:00から 各診療時間終了の10分前
午後診 12:00から
夜診 17:00から

ご来院の前に

休日、または時間外の診察を希望される場合は、ご来院される前に必ず当院までお電話でご連絡ください。

06-6491-0148

休診日

土曜日午後・日曜日・祝祭日(ただし救急を除く)

診療科目

外科

外科

手術的な方法によって治療します

整形外科

整形外科

運動器官を構成するすべての組織を診療します

放射線科

放射線科

患者様を画像という媒体を通して統合的に診療します

リハビリテーション科

リハビリテーション科

壊れた運動機能の再構築をうながします

リウマチ科

リウマチ科

関節リウマチを含むリウマチ性疾患を診療します

外科

骨切り術などをはじめとした手術を行います。
手術時には大学病院から応援に来てもらうこともあり、人工関節手術や肩の手術なども行っています。
最近は全身麻酔下における術中・術後の疼痛管理テクニックであるエコーガイド下の末梢神経ブロックを積極的に取り入れて、術後も痛みが少ない状態で過ごしていただけるよう配慮しています。また、このテクニックを急性期の外傷患者様に応用し、外来レベルで痛みに対応しています。

整形外科

骨、軟骨、筋、靭帯、神経などの疾病および外傷がもたらす症状の診療を行います。関節の痛みがあったりケガをしたときなどは、一番重要な急性期の治療期のうちに受診するのがおすすめです。

放射線科

放射線室では、一般撮影(レントゲン撮影)装置、CT装置、1.5テスラのMRI装置を備え、検査を行っています。
診断・治療に適切な画像を提供し、患者様にわかりやすく説明することを心がけております。

リハビリテーション科

当院のリハビリテーションスタッフは外傷の手術後のリハビリテーションに慣れております。
最近は忙しく頻度が減っていますが、リハビリテーションスタッフに手術を見学させ、術後のリハビリテーションに役立ててもらうという独自の取り組みも行ってきました。
リハビリテーションスタッフは体表からしか患者様を触ることがありません。手術を見学させていただくことで運動器、臓器に対する理解やイメージが変わり、より良いリハビリテーションを提供できるようになると考えています。
施設は、第1リハビリルームの他に、主に運動器リハビリテーションを行う第2リハビリルームも設置しました。

リウマチ科

関節リウマチや変形関節症などの慢性関節疾患は、長期罹患で徐々に関節に変形をきたし、機能障害を生じる疾患です。
当院では、関節全般にわたる知識と技術を修得することを目標としており、これらの慢性関節疾患に対する外来診療、手術的治療、周術期管理を通して、薬物療法、手術的治療による機能回復、リハビリテーションを行い回復を目指します。

入院設備

入院施設として個室・2人部屋・4人部屋、合計19床のベッドを準備しております。